裏側矯正

見えない矯正(裏側矯正)とは?

矯正はしたいけど人に装置を付けているのを見せたくない、矯正は金属や透明な装置が目立つのではと、治療に踏み切れない患者さま、誰にも気付かれずに治療を受けたいと言う患者さまの訴えは沢山あります。
外見上の理由から歯ならびの治療を諦めてしまうのは非常に残念です。そんな多くの患者さまのご要望にお応えすることができるのが、裏側矯正=舌側矯正です。

常に矯正では矯正装置を歯の表面にくっつけるのに対し、裏側からの矯正はその名の通り歯の裏側から矯正装置をくっつける治療法です。
前歯の裏側に、噛む力にも十分に耐えられるように強力な接着剤で小さな金属(ブラケット)を取り付けます。もちろんその接着剤は、歯に害はありませんし、治療終了後はきれいにはがすことができます。ブラケットを固定した後、ワイヤーでそれぞれ輪郭づけし、理想の歯並びにするために歯を少しずつ移動させていきます。

この治療をすることにより日常生活でも矯正装置が見えないという審美的な点が大きなメリットであり、人目を気にせず矯正治療に専念できます。表側装置に比べて仕上がりの美しさはほとんど変わりがなく、もちろん年齢による制限もありません。そのため、職業柄表側の矯正ができない方や、歯並びをきれいにしたいけれど目立つのが嫌だという方、スポーツをする方や楽器などを演奏する方にもお勧めです。

見えない矯正(裏側矯正)のメリット

裏側矯正の最も大きなメリットは、なんと言っても外から矯正器具が見えないところです。また他のメリットとしては、歯の裏側は絶えず唾液で潤っていてムシ歯菌が増殖しにくいというところ、装置を付けたままでも自分の目で治療効果を確認できるところが挙げられます。上下とも使うことも上のみ使うこともできますのでお気軽にご相談ください。

裏側矯正のメリット
  • 正面からは矯正装置が見えないので目立たない
  • 装置が唾液で殺菌されるので虫歯になりにくい
  • 舌癖の防止になり、治療終了後歯の後戻りの可能性が軽減する
  • 歯の表より裏の方が丈夫であるため、
    矯正装置装着時の接着剤によるダメージが少ない
矯正していることを他の人に気付かれない治療法です

歯の裏側に矯正装置が付くため、外見上、矯正装置が見えないので、誰にも気づかれることなく、特に人と接する仕事である接客業や営業職の方など、仕事柄歯並びを整えたくても、矯正装置の見た目が気になり、中々治療に前向きになり切れなかった方に特におすすめです。

虫歯になりにくいのも特徴の一つ

矯正装置を装着すると、どうしても歯磨きがしにくくなります。しかし裏側矯正であれば、歯磨きは多少しづらくはなりますが、歯の表側よりも唾液により洗浄されるために、プラークや汚れが付着ししにくいというメリットがあります。そのため、表側に矯正装置を装着するよりも虫歯になりにくくなるのです。

見えない矯正(裏側矯正)のデメリット

裏側矯正のデメリット
  • 表側矯正に比べ期間が長くなりやすく、費用も高くなる
  • 食事しづらい
  • 舌に装置が当たるので慣れるまで発音が不明瞭になりやすい
  • 装置が舌に当たるので舌に跡がつくことがある
    (発音同様、慣れるまで1~2週間ほどかかる)
慣れるまで発音がしにくいです

矯正装置を歯の裏側に装着すると、矯正装置により違和感が出て、舌を歯の裏側にあてて発音する言葉が少し言いにくくなるという場合もあり、慣れるまで多少時間がかかることもあります。なお、当院で使用している装置は従来のものよりも小さく、慣れるまでの期間も比較的短くなります。

費用が割高になる傾向があります

表側の治療と比べて、どうしても材料代や治療に手間がかかるために、費用は少し割高になります。ただし上記のメリットを考えれば、十分検討する価値のある治療といえると思います。

時間がかかる治療法です

表につける矯正より、綺麗に並べるための時間が、少し多くかかります。

もし目立ちづらい矯正治療をお望みなら …

目立たない、気づかれにくい矯正治療をお望みなら、マウスピース型の装置を使った矯正「インビザライン」も当院ではオススメしています。 裏側矯正とは違った特徴のある治療法ですので、あわせてご検討ください!

アクセス・診療時間

ひまわり歯科クリニック

〒331-0047 埼玉県さいたま市指扇2645-1
TEL 048-782-8114

▲…土曜は9:00-12:00/14:00-19:00の診療となります
祝日・祭日・水曜はお休みです。
祝祭日がある週は、振替として水曜日は診療致します。

アクセス