ブラケット矯正

ブラケット矯正とは

ブラケット矯正個々の歯の表面に装具を着け、形状記憶ワイヤーなどを使用してコントロール(配列)する矯正治療です。細かいところまで調整可能で、微妙な歯の高さや凹凸もコントロールすることができます。

現在の主流となっている装置の一つです。これまでの似たような装置には、太いワイヤーを強く固定するために大きな痛みを伴ったりと負担が大きかったのですが、ワイヤーを完全に固定することはせず、自由度を上げることによって、優しい力でスムーズな治療を可能にした装置です。

違和感 ★★★
費用 ★★
治療時間(1回) ★★★
目立ちにくさ ★★
痛み ★★
ブラケット矯正のメリット・デメリット

ブラケット矯正のメリット・デメリット歯の表面につけるため、初めのうちは違和感があるなどのデメリットもありますが、徐々に慣れていきます。それを鑑みても従来のワイヤーによる矯正より痛みが少なく、治療もスムーズになるため、治療期間も短縮されているというメリットがあります。

上下顎で装着の場合、期間は約2年~2年半が目安です。ブラケットの種類にはよくみられる金属的なものから、材料的な工夫がされて、より日常生活に負担をかけず、より目立たない種類のものなどいくつかの種類があります。矯正治療を行っていることをなるべく目立たせたくないと考えておられる方でも納得できる、目立たない装置もあります。

使われている装置の一例
  • メタルブラケット

    メタルブラケット

  • プラスチックブラケット

    プラスチックブラケット

ホワイト矯正

ホワイト矯正ブラケット装置の中でも、特に矯正中だと分からない装置があります。見える部分全てに透明なプラスチックを取りつけ、白いワイヤーを用いるプラスチックブラケット(全部)と、歯の白さに近づけたセラミックと白いワイヤーを用いるセラミックブラケットです。これらを用いる矯正をホワイト矯正といいます。

これらは、メタルブラケットなどに比べて材料費などの面から割高になるというデメリットはありますが、矯正中はほとんど見えにくいという強いメリットがあります。

違和感
費用 ★★★★
治療時間(1回)
目立ちにくさ ★★★★
痛み

アクセス・診療時間

ひまわり歯科クリニック

〒331-0047 埼玉県さいたま市指扇2645-1
TEL 048-782-8114

▲…土曜は9:00-12:00/14:00-19:00の診療となります
祝日・祭日・水曜はお休みです。
祝祭日がある週は、振替として水曜日は診療致します。

アクセス