小児矯正(予防矯正)

小児矯正(予防矯正)とは

小児矯正(予防矯正)とは小児矯正、予防矯正は普通に考えられる矯正治療とは方法と目的が異なります。乳歯列期や混合歯列期のうちに、顎の未発育やアンバランスな発育を是正し、将来生えてくる永久歯のためのスペースの問題や噛み合わせの問題を治すことを目的とします。そうすることにより、最終的にきれいな歯並びを獲得することも可能になり、スペースを作るための抜歯をするなどの可能性を低くすることができます。

ほかにも指しゃぶりや口呼吸などの悪い癖の治療もでき、それらによって起こる出っ歯や受け口といった様々な症例を予防することができるなど、小児矯正にはメリットが多くあります。

小児矯正を始めるタイミング

小児矯正を始めるタイミング小児矯正は早ければ早いほどいいですが、その明確な時期を把握するためには、矯正専門の先生に早めに相談することが重要です。ほとんどの場合は取り外しのできる器械を使います。指示通りに使用すると、ほとんど痛みはありません。調節時に外していると気持ち悪いというほど慣れてしまいます。取り外せるので汚れも取りやすく、清潔に使うことができます。

原因である顎の未発育や噛み合わせを発育期に治療するので、歯列の発育は通常の流れに戻り、よい形に自然に収まってきます、このため予防矯正とも言われます。

小児矯正で使用する装置の例

  • 拡大床(上顎)

    拡大床(上顎)

  • 拡大床(下顎)

    拡大床(下顎)

アクセス・診療時間

ひまわり歯科クリニック

〒331-0047 埼玉県さいたま市指扇2645-1
TEL 048-782-8114

▲…土曜は9:00-12:00/14:00-19:00の診療となります
祝日・祭日・水曜はお休みです。
祝祭日がある週は、振替として水曜日は診療致します。

アクセス