叢生

叢生は歯の位置異常の総称です

叢生(そうせい)とは、顎が小さかったり歯の大きさが大きすぎて歯が生えてくるスペースが足りないために、歯の転移・捻転などが起き、歯が重なりあってしまっている状態の事をいいます。

分かりやすくいえば、歯が位置異常を起こしてでこぼこの状態になっていることです。乱杭歯とも呼ばれ、そのほかにも犬歯が飛び出た位置異常の状態のことを八重歯といいます。

乱れた歯列はあらゆるトラブルの原因に

原因として顎の骨の大きさが小さく、かつ永久歯が大きいために歯と顎の大きさのバランスが悪い場合、または乳歯が抜ける適正時期より早く抜けてしまい、空いた隙間に他の歯が倒れながら移動することで、本来生えるべき歯のスペースを奪ってしまっている場合があります。

歯がでこぼこであるということは歯磨きのしづらさに直結し、叢生を放置していると虫歯や歯周病になりやすく、さらにいえば口臭の原因にもなります。

叢生の原因

歯の大きさと、あごの大きさのバランスが悪いことが叢生の原因の一つです。あごの骨がしっかり成長せず、小さくかつ永久歯が大きい場合に叢生になることが多いです。あごの骨が小さいことにより、永久歯が本来並ぶはずのスペースがなくなり、永久歯が生える適切な位置に歯が生えなくなってしまいます

また、あごのサイズと比較して永久歯の歯が通常より大きいケースも永久歯が生えるスペースを確保することができず、歯がまっすぐに生えず、ズレてしまうことに繋がります。よって、重なりあってデコボコとなることや、ガチャガチャな歯並びとなります。

他の原因として、近年の食生活で柔らかい食事や、噛まなくても味がしっかり伝わる食品も増え、多くの方が食事の際によく噛まなくなり、あごが十分に発達していない方が増えています。このような食習慣が起因して、あごが正しく育たず、永久歯が生えるスペースを確保できず歯並びが悪くなるケースもあります

叢生を放置することで引き起こす症状

叢生を放置することでの最大のリスクは、虫歯や歯周病になる可能性が上がることです。叢生の方は、歯がデコボコしていたり、ズレていることで、綺麗に歯を磨くことが難しいです。歯が重なり合うことで、歯ブラシがきちんと当たらず歯垢がたまります。

磨き残した歯垢がたまることで将来の虫歯や歯周病の原因となります。歯周病は少しずつ進行することで、骨を溶かして歯が抜けてしまう原因となります。もちろん健康面だけでなく、ガチャガチャした見た目の歯は、年齢や性別を問わず外見においてマイナスポイントとなる可能性もございます。

叢生の治療法

叢生の矯正治療は、使用する装置もケースバイケースであり、軽度の症状の場合はワイヤーを用いた矯正でなくマウスピース型の矯正装置を用いることも可能です。マウスピース矯正の場合は、人前で目立たず、食事の際も取り外しが可能なので管理が容易となっております

他にも一部だけ叢生のケースは部分矯正なども対応可能となっております。歯並びの凹凸が大きい症状の場合は、ワイヤー矯正が一番早く治療できます。患者様の症状に合わせて様々な、矯正治療をご提案致します。歯並びでお悩みの方は、是非一度ご相談下さいませ。

アクセス・診療時間

ひまわり歯科クリニック

〒331-0047 埼玉県さいたま市指扇2645-1
TEL 048-782-8114

▲…土曜は9:00-12:00/14:00-19:00の診療となります
祝日・祭日・水曜はお休みです。
祝祭日がある週は、振替として水曜日は診療致します。

アクセス