矯正治療Q&A

凹凸や出っ歯などを治すには、審美歯科と矯正歯科どちらが良いのですか?

どちらが良いというのは何を優先するかによって違うので一概には言えませんが、ポイントとなるのは「期間」でしょう。

審美歯科では、矯正歯科と比べ、見た目や装置装着時の痛み、口内の違和感などなく短期間で歯列を整えることができて、後戻りがないというメリットはありますが、健康な歯を削って人口の歯をかぶせることや、見た目だけを重視して綺麗にすると、噛み合わせなどの機能が十分でないことがあり、本来歯にかかる力が違う方向にかかって、その負担が原因で歯の根からおれてしまう可能性もあります。

 

しかし、矯正歯科での歯列矯正は治療期間が長期にわたるため、定期的な通院ができるかなどがポイントになってきます。

見た目や装置による口内の違和感、装置によっては食事のしにくさや制限があること、後戻りの可能性があるなどのデメリットはありますが、やはり歯列矯正のほうがメリットは大きいと考えられます。

 

見た目に関しては、目立たない矯正装置もあるので問題ありませんし、後戻りに関してましても、装置が外れた後の保定期間きちんと指示に従っていれば防ぐことができます。

 

できるだけ自然な歯を生かすために、大人であっても歯列矯正を選ぶ人は少なくありませんし、歯科医の立場としても、見た目の美しさと正しい噛み合わせを兼ね備えるための根本的な治療が将来自分の歯を残すことにつながるので、矯正治療をお勧めします。

 

矯正で歯列矯正をする1番のメリットは、自分の歯を動かして、美しい見た目はもちろん、正しい噛み合わせにして歯の負担を減らし、将来自分の歯を残すことができることです。

 

審美歯科の治療は歯列矯正よりも治療期間が短いため、綺麗な歯並びを早く手に入れたい方にとっては魅力的かもしれませんが、そのために健康な歯を削らなければならないということを忘れてはいけません。健康な歯を一部分でも削ってしまうということは結果的に歯そのものの寿命を減らしていることにつながってしまうのです。

迷われている方は、1度相談にいらしてください。

アクセス・診療時間

ひまわり歯科クリニック

〒331-0047 埼玉県さいたま市指扇2645-1
TEL 048-782-8114

▲…土曜は9:00-12:00/14:00-19:00の診療となります
祝日・祭日・水曜はお休みです。
祝祭日がある週は、振替として水曜日は診療致します。

アクセス