矯正治療Q&A

どうやって歯が動くのですか?

歯の根っこの周りには歯根膜(しこんまく)と呼ばれる繊維性の組織があり、これは歯にかかる衝撃を和らげるクッションのような働きをしているものです。
矯正装置で歯に弱い力が持続的に加わると歯を支える歯根膜に伝わって伸縮し、動いた後ろ側では骨との間にできたすき間に新しい骨が作られます。

歯が傾いた側の歯根膜の力が弱まるため、力を加えられた衝撃で骨が溶け、少しずつ歯が動くのです。


矯正治療では、この歯根膜の性質を利用しているため動かしたい位置に歯を動かすことができるのです。しかし、歯の周りの組織がしっかり完成するまでしばらくかかるため、組織が安定するまでは保定装置(リテーナー)が必要になります。

 

この歯を動かす仕組みで分かるように、歯根膜が生きている限りは、いつでも矯正治療ができるということです。

アクセス・診療時間

ひまわり歯科クリニック

〒331-0047 埼玉県さいたま市指扇2645-1
TEL 048-782-8114

▲…土曜は9:00-12:00/14:00-19:00の診療となります
祝日・祭日・水曜はお休みです。
祝祭日がある週は、振替として水曜日は診療致します。

アクセス