マウスピース矯正

マウスピース矯正とは

取り外し式となっている透明なマウスピース型矯正装置です。
1日規定の時間使用していただくことによりゆっくりと歯を動かします。
ワイヤーを使用しないため、従来の矯正器具に比べると、付けているのがほとんど分からない見た目で、取り外すこともできます。
不正咬合を治療するため、一人一人カスタムオーダーで製造されます。

マウスピース矯正のメリット
マウスピースは薄く透明なプラスチックでできていて
驚くほど他人に気付かれにくい
取り外し可能
今まで通り食事を楽しむことができ、外した状態で装置もお口の中も磨くことができるので衛生的であり、治療中でも虫歯治療やホワイトニングといった別の歯科治療が容易に行える
従来の矯正装置に比べ痛みが少ない
矯正の装置が外れたりするトラブルが少ない
固定式の矯正装置の場合、治療中ワイヤーがあたったり、装置が部分的に外れたりのトラブルを全くなしにする事はできない。その点、マウスピースはこのようなトラブルが少ない
金属アレルギーの方も大丈夫
通院頻度が比較的少なくてすむ
忙しい方だと、通院の手間を考えて矯正治療に踏み切れずにいたかもしれませんが、マウスピース治療なら、矯正装置調整のための来院が不要ですので、通院頻度は少なくてすみます。
マウスピース矯正のデメリット
適応できない症例がある
最大のデメリットは「対応できる症例の少なさ」にあります。 と言うのも、ワイヤー矯正の方が矯正力(歯を動かす力)が優れているからで、歯並びの状態によってはワイヤー矯正でしか治療できないケースもあります。
規定の時間使用し続けることを怠ると治療期間が延びてしまう
ワイヤーを使用した通常の歯列矯正に比べて歯を動かしにくい

マウスピース矯正の中でも当院おすすめの治療法"インビザライン"

インビザラインとは?

「矯正歯科治療」と聞くとパッと思い浮かべるのは、歯の表面に金属の小さな装置を取り付けて、そこにワイヤーを通して歯並びを整える「ブラケット矯正」ではないでしょうか。

「歯並びが気になる」「歯並びを整えたい」「矯正治療を受けたい」けれど、矯正装置が目立つのはイヤ…」と治療をためらってしまっている方でも、マウスピース型矯正「インビザライン」なら安心して治療が始められます。

インビザラインは、透明素材のマウスピースなので目立ちにくく、取り外しができる矯正治療です。インビザラインなら、「さいたま市のひまわり歯科クリニック」にご相談ください。

インビザラインがおすすめの理由

目立たず、取り外しが可能

インビザラインのマウスピースは透明なので装着していても目立たず、ほとんど他人に気づかれることはありません。矯正治療中でも、口元を気にせず歯を見せて笑うことができます。とくにインビザライン矯正をおすすめしたいのが、営業職や接客業など人前に出る機会の多い方には特にオススメです。
また、インビザラインの効果やメリットは“目立たない”ということだけではありません。
マウスピース型の矯正のため、簡単に取り外すことができます。そのため矯正前と同じように食事を楽しむことができ、歯磨きも今までと同じように行うことができます。
洗浄もマウスピースを丸ごと洗うことができるので、いつでも清潔です。
もちろん金属を使用しないので、金属アレルギーが心配な方にも安心です。

インビザラインはこんな方にオススメです
  • なるべく人に気づかれずに歯列を矯正したい方
  • 従来通り食事をおいしく楽しみたい方
  • 金属アレルギーに不安がある方、心配な方
  • 取り外しができない治療に不安がある方

インビザラインの特徴

矯正治療中でも人に気づかれにくい

矯正装置の素材が透明なため、装着していてもほとんどわかりません。「矯正装置が目立つのが気になる」「他の人に気づかれないように矯正治療を進めたい」などの理由で矯正治療をためらっていた方のための治療方法です。

お口のトラブルのリスクを低減

凸凹したワイヤーやブラケットを歯に固定する矯正とは異なり、口の中の粘膜に当たって「痛む」「口内炎ができる」などのトラブルを抑えることができます。インビザラインなら、口の中を切る鋭いブラケットを心配することなく、スポーツも楽しむことができます。

洗浄ができるためいつまでも衛生的

マウスピース型の矯正装置になるので、取り外せるができるため、ストレスなく今まで通りの歯磨きやフロスができます。
また、マウスピースも丸ごと洗浄できるのでとても衛生的。水に発泡性洗浄タブレットを入れ、約10分の洗浄で、マウスピースを毎日清潔に保つことができます。

歯の動きの確認が可能

インビザラインの治療法では、「クリンチェック」と呼ばれるコンピュータ画像での治療計画の3Dシミュレーションを行います。治療開始から完了まで、どのように歯が動いていくのか、インビザラインの治療効果を患者様ご自身にハッキリとご確認いただけます。

インビザライン矯正を始める前には、診断として「クリンチェック」という方法で治療計画を様々な角度から詳しくご確認いただいたうえで、治療を始めるかどうか患者様にご判断頂くことができます。万が一、「クリンチェック」で理想とする歯並びにならないことがわかれば、矯正治療を開始しない選択をして頂くことも可能です。

クリンチェック治療計画で、必要なマウスピースの枚数と治療期間が決まります。マウスピース矯正装置を正しく使用して頂くことで、治療計画通りに矯正を進めることができます。

歯型採取は1回だけ

他のマウスピース矯正と違い、インビザラインの治療では歯型を採取するのは最初の1回だけです。レントゲン写真や、口腔内写真などのデータと最初に採取した歯型を基に、歯の移動をシミュレーションして理想の歯並びになるまでのすべての装置を作製します。

通院回数が少なくて済む

ワイヤー矯正や他のマウスピース矯正では通常2~4週間に1回の通院が必要ですが、インビザライン矯正では通院回数に違いがあります。インビザライン矯正は、マウスピースを10日~2週間に1回、ご自宅で新しいものに交換して頂き、治療を進めてきます。アタッチメントの装着やIPR等が必要なため、矯正開始時のみ通院回数が多くなりますが、軌道に乗ればその後は通常2~3ヶ月に1回の通院になりますので、遠方からご来院される方、仕事がお忙しい方でも無理なく矯正治療を行うことができます。

痛みが少ない治療法

矯正治療は、歯に力をかけて少しずつ動かしていくため、どうしても痛みを伴います。無痛矯正は現時点では存在しません。ただし、矯正方法により痛みの種類や度合は大きく異なります。
ワイヤー矯正では、通常月1回、手でワイヤーを締めるので、ドクター腕により大きな差があり一般的に痛みは大きいと言われています。インビザラインは、ワイヤーを人の手で調整する場合には不可能な0.2~0.3mmの細かい範囲で、歯を移動させて理想の歯並びに近づけていきます。10日~2週間で新しいマウスピースに交換するので、痛みも小さく小刻みに分かれます。過去にワイヤー矯正を経験されて、2度目にインビザラインで矯正をされた患者様は、インビザラインではほとんど痛みを感じないとおっしゃる程です。

金属アレルギーの心配がない

インビザラインは金属不使用です。そのため金属アレルギーがある方、そして金属アレルギーが心配な方も安心して治療を受けていただけます。

世界中で実績が広がるインビザライン

「インビザライン・システム」は米国アライン・テクノロジー社が1999年に米国の矯正歯科医師を対象に提供を始めたマウスピース型カスタムメイド矯正歯科装置です。透明で目立ちにくく、取り外し可能な矯正装置として、2016年10月現在、世界80ヶ国以上の国々で使用されています。そしてこれまでに400万人を超える患者様が治療を受けられ、世界一の治療実績を誇るマウスピース矯正です。

中学生・高校生の矯正にも適応可能になりました

目立たないインビザラインの透明なマウスピースを用いて、永久歯が生えそろう中学生・高校生(12~16歳頃)の頃に行う本格的な歯列矯正ができるようになりました。思春期のお子様は学校でからかわれることを嫌がり、目立つ矯正装置はコンプレックスになってしまうことがありますが、インビザライン矯正はお友達にも気づかれにくく、取り組みやすい矯正治療です。

インビザライン ティーンとは?

成人矯正にはないティーンのための特別な機能として「装着時間の確認機能-コンプライアンス・インジケータ」があります。最大のメリットであるマウスピースの矯正装置を自由に外すことができることができることが、自己管理能力が未熟なお子様の場合、矯正治療の失敗につながる場合があるため、インビザライン・ティーンのみに設けられた機能です。
唾液に反応して徐々に色が薄くなる「コンプライアンス・インジケータ」により、ご両親やドクターもマウスピースの装着時間を視覚的に確認することができ、患者様が積極的にマウスピースを装着する効果も期待できます。

インビザライン矯正で失敗にしないように

マウスピース矯正で失敗する一番の原因は、決められた装着時間を守らないことによるものです。矯正装置を外すことができることが最大のメリットであるマウスピース矯正は、装着時間を守る自己管理ができないと、矯正治療が進みません。特に、ご両親に言われて仕方が無く矯正治療をしているお子様にこの失敗が起こりやすく、ご本人が積極的に矯正治療に取り組む姿勢がない場合には、インビザライン矯正はお勧めできる治療方法ではありません。

最近、増えている失敗例としては、インビザライン矯正では治療が難しい症例を、専門でないドクターや経験の浅いドクターが、無理にインビザラインで治療したことによるものです。ワイヤー矯正も、インビザライン矯正も、それぞれ適した症例・適さない症例があります。矯正のプロフェッショナルによる“正確な診断”と“適切な治療計画の立案”が非常に重要です。よく、インビザライン矯正ならどの歯科医院で受けても同じだと思われがちですが、担当するドクターによって治療の効果は大きく異なりますので、インビザライン矯正で失敗しないために医院選びはとても大切です。 インビザライン治療なら、ひまわりデンタルクリニックにぜひご相談ください。

アクセス・診療時間

ひまわり歯科クリニック

〒331-0047 埼玉県さいたま市指扇2645-1
TEL 048-782-8114

▲…土曜は9:00-12:00/14:00-19:00の診療となります
祝日・祭日・水曜はお休みです。
祝祭日がある週は、振替として水曜日は診療致します。

アクセス