開咬

開咬は口臭や顎関節症のリスクも高めます

開咬(かいこう)とは、奥歯は咬んでいるが前歯や横の歯に隙間があり、きちんと噛みあわない状態の事をいいます。前歯がうまく閉じられないということです。原因として子供のころからの指しゃぶりの癖がとれなかった場合、上の前歯と下の前歯の間に隙間があるとき、無意識にその部分を舌でさわったり押してしまっていた場合、顎の形態、つまり遺伝が影響している場合などが挙げられます。

開咬を放置していると、口を閉じられないことにより口が常に乾燥した状態になります。これをドライマウスといいますが、これにより唾液の分泌量が低下し、ひいては抗菌作用が少なくなり、口臭の原因ともなりえます。また、前歯でモノを噛むことができないので、噛む機能の低下や奥歯に無理な力がかかるせいで顎関節症の原因にもなります。

さいたま市の矯正歯科【ひまわり歯科クリニック】TOP

アクセス・診療時間

ひまわり歯科クリニック

〒331-0047 埼玉県さいたま市指扇2645-1
TEL 048-782-8114

▲…土曜は9:00-12:00/14:00-19:00の診療となります
祝日・祭日・水曜はお休みです。
祝祭日がある週は、振替として水曜日は診療致します。

アクセス