上顎前突(出っ歯)

上顎前突は幼少期の癖で起こる場合も

上顎前突(じょうがくぜんとつ)とは出っ歯ともいいます。上顎が突出しているか、下顎が上顎より後退している状態のことです。上の前歯が極端に前に出すぎている、口を閉じた際に上唇が上がった状態になる、口を閉じると不自然にゆがむ、これらの症状がみられる時は上顎前突であると言えます。

原因として、指しゃぶりや爪を噛むなどの癖によって上の前歯が前方に引きずられ倒れてしまうほかに、前歯の裏側を舌で押してしまう癖によるものがあります。これは乳児のころのおっぱいを吸う癖が抜け切れていなかったり、前歯の歯と歯の微妙な隙間を無意識に舌で触ってしまうことが癖になっており、その動きが前歯を外側へと押しやってしまうことになります。中には遺伝によって下の顎より上の顎が大きいこともあります。

上顎前突は早期の改善が必要です

上顎前突を放置すると口がうまく閉じられないため口の中が乾燥してしまいます。これをドライマウスといいますが、これにより唾液の分泌が少なくなります。すると唾液が本来持っている抗菌作用などが発生されず、口臭の原因になったりします。

また、歯が前に出ていることにより、接触事故などで前歯が折れてしまうことの原因にもなります。

「上顎前突」の治療

上顎前突(出っ歯)の治療として、上顎の成長が大きいために下顎とのバランスが悪くなる場合には、上顎の成長を抑制することを実施いたします。

また、逆に患者さまの症例によっては、下顎が小さい可能性がある場合があります。その場合は、下顎の成長を促進する装置を用いて骨格のバランスを改善していきます。上顎前突(出っ歯)は、前歯が前方へ突出しているため、口元が尖ってみえたり、口が閉じにくいことがあります。

唇の閉鎖が困難な状況を口唇閉鎖不全と言いますが、この状態が続くと、ぽかっと口が開いているために、人に与えるご本人のイメージを悪くするだけでなく、口中が乾燥し虫歯や歯周病、口臭の可能性が高まります。さらに呼吸、発音、嚥下にも問題を起こすと言われています

歯を抜かないで治すケース

上顎前突(出っ歯)によって、前歯が大きく突出している場合、矯正装置を用いて上顎の出っ張っている前歯から奥歯までを後方部へ移動させたり、下顎の成長を促し上顎とのバランスを良くすることで、患者さまの永久歯を抜くことなく上顎前突(出っ歯)と上下の前歯の咬み込みを改善させることができます。


当院では、ブラケット矯正やマウスピース矯正による治療を推奨しています
詳細はこちら

歯を抜いて治すケース

歯を抜いて治すケースもあります。これは患者さまの症例によって診断し、相談の上進めさせていただきます。

上顎前突(出っ歯)の症例で、前歯が大きく突出している、かつ、患者さまの顎が小さい場合には、歯を抜くことで前歯を引っ込めるスペースを作り、歯を移動させることで隙間を閉じて歯並びを美しく整えるとともに適切な咬み合わせへと治療いたします

アクセス・診療時間

ひまわり歯科クリニック

〒331-0047 埼玉県さいたま市指扇2645-1
TEL 048-782-8114

▲…土曜は9:00-12:00/14:00-19:00の診療となります
祝日・祭日・水曜はお休みです。
祝祭日がある週は、振替として水曜日は診療致します。

アクセス