上顎前突(出っ歯)

上顎前突は幼少期の癖で起こる場合も

上顎前突(じょうがくぜんとつ)とは出っ歯ともいいます。上顎が突出しているか、下顎が上顎より後退している状態のことです。上の前歯が極端に前に出すぎている、口を閉じた際に上唇が上がった状態になる、口を閉じると不自然にゆがむ、これらの症状がみられる時は上顎前突であると言えます。

原因として、指しゃぶりや爪を噛むなどの癖によって上の前歯が前方に引きずられ倒れてしまうほかに、前歯の裏側を舌で押してしまう癖によるものがあります。これは乳児のころのおっぱいを吸う癖が抜け切れていなかったり、前歯の歯と歯の微妙な隙間を無意識に舌で触ってしまうことが癖になっており、その動きが前歯を外側へと押しやってしまうことになります。中には遺伝によって下の顎より上の顎が大きいこともあります。

上顎前突は早期の改善が必要です

上顎前突を放置すると口がうまく閉じられないため口の中が乾燥してしまいます。これをドライマウスといいますが、これにより唾液の分泌が少なくなります。すると唾液が本来持っている抗菌作用などが発生されず、口臭の原因になったりします。

また、歯が前に出ていることにより、接触事故などで前歯が折れてしまうことの原因にもなります。

アクセス・診療時間

ひまわり歯科クリニック

〒331-0047 埼玉県さいたま市指扇2645-1
TEL 048-782-8114

▲…土曜は9:00-12:00/14:00-19:00の診療となります
祝日・祭日・水曜はお休みです。
祝祭日がある週は、振替として水曜日は診療致します。

アクセス