空隙歯列(すきっ歯)

開咬は口臭や顎関節症のリスクも高めます

空隙歯列(くうげきしれつ)とは、歯の間にすきまがある状態の事をいいます。すきっ歯と呼ばれることもあります。特に前歯の間に隙間がある方がよく見られます。これは顎の大きさに対して歯が小さかったり、歯の本数が足りないことなどにより、歯のスペースが多すぎる場合に起こる症状です。

原因として生まれつき歯の本数が少ない場合、歯の大きさが小さかったりした場合、上唇と歯茎をつないでいるヒダ状の部分(上唇小帯)が通常より長く、前歯肉の歯茎の近くまで伸びてきてしまっている場合などがあります。

空隙歯列の原因

空隙歯列とは、歯と歯の間に隙間がある歯並びの状態であり一般的には、すきっ歯と呼ばれています。この歯と歯の間に隙間が出来てしまう原因として大きく3つあります。

1つ目は、生まれつき歯の本数が少ない場合です。生まれた時から歯の本数が少ない場合、そして歯の大きさが通常の歯より小さい場合は、余剰のスペースができてしまいすきっ歯になりやすくなります。

2つ目は、上唇から前歯の歯ぐきに繋がる小帯(ヒダ)の位置が下まで伸びてきて異常がある場合です。上唇小帯(前歯の中心から唇にかけて続くヒダ状の部分)が普通よりも大きく発達していて、前歯歯肉の歯ぐきの内側まで伸びてきてしまった場合、すきっ歯になりやすいです。

3つ目は、過剰歯(歯と歯の間に本来あるはずのない歯)が埋まっている場合です。その過剰歯が原因で大人の歯が正しい方向に生えてこず空隙が出来るケースがあります

空隙歯列を放置することで、引き起こす症状

この空隙歯列を矯正治療で治さず放置することで大きく2つの問題があります。 1つ目は、発音障害です。歯と歯の間に隙間があることが影響して、話すときに息漏れや、空気が抜けたりします。特によく言われているのが“さ”行の言葉を話すときに、舌足らずな印象を相手に与えてしまうことがあります。また、英語を話す際にも影響が出ると考えられ、早めに悪い歯並びに気づいたら、矯正治療をしている方々が多いです。

2つ目は、歯に隙間が空いていることで、食べ物が詰まり歯周病進行のリスクが上がる。 歯並びが整っている場合は、歯と歯の間に隙間が生まれない為、食べかす等の磨き残しなどは減ります。空隙歯列のように、歯に隙間があることで歯の間に食物残渣が残り、細菌が増殖し、炎症が起こることになってしまいます。そのまま処置をしないことで、歯周病が進行していきます

空隙歯列の治療方法

空隙歯列は、当院でも多くの患者さんに相談を頂いております。 空隙歯列の矯正治療は、使用する装置もケースバイケースであり、軽度の症状の場合はワイヤーを用いた矯正でなくマウスピース型の矯正装置を用いることも可能です。

マウスピース矯正の場合は、人前で目立たず、食事の際も取り外しが可能なので管理が容易となっております。患者様の症状に合わせて様々な、矯正治療をご提案致します。歯並びでお悩みの方は、是非一度ご相談下さいませ。

アクセス・診療時間

ひまわり歯科クリニック

〒331-0047 埼玉県さいたま市指扇2645-1
TEL 048-782-8114

▲…土曜は9:00-12:00/14:00-19:00の診療となります
祝日・祭日・水曜はお休みです。
祝祭日がある週は、振替として水曜日は診療致します。

アクセス